効率的な店舗運営から利益改善に結びつける

小売業 計数能力検定上級コース

  • 受講期間

    3ヶ月

  • 一般受講料

    22,680円(消費税含む)

  • 特別受講料

    19,440円(消費税含む)

平成26年4月1日より、消費税率が現行の5%から8%に改正されます。表記価格は改正後の税率に基づいたものです。

特別受講料:企業・団体より複数人まとめてお申込み頂いた場合に適用される特別受講料です。

一般受講料:個人お申込みの方の通常受講料です。

本講座のねらい

店長や店舗マネジャークラスの方にとっては、計数を活用して、 店舗全体の利益構造を改善できるマネジメント能力が必須条件となってきています。本講座は社団法人公開経営指導協会が、この計数マネジメント能力の向上を目的に実施している「小売業計数能力検定上級」の試験範囲をカバーしています。テキストは日常の店舗運営で数字を活用する場面を想定して構成していますから、実際の店舗運営の状況にあてはめながら、利益確保の仕組みを理解することができます。

教材

教材
  • テキスト

    3冊

  • 課題

    3課題

  • 模擬問題

    1冊

  • 受講マニュアル

    1冊

本講座の特色

店舗・部門の数字の仕組みと利益改善を理解できるように構成しています。

例題の解説を中心に、説明はできるだけ簡潔にし、また実務的に編集しています。

図表やグラフを豊富に使用し、理解しやすさを第一に考慮した計数講座です。

カリキュラム

オリエンテーション

学習内容
  • 店長の職務と計数

内容詳細
  • 計数管理の重要性

  • マネジメント・サイクルにおける計数の活用

  • 店長に必要な計数管理能力とは

店舗政策と利益計画の立案

学習内容
  • 店長の役割と利益計画の基本

  • 店舗における利益計画の実践

  • 部門別利益計画の立て方

内容詳細
  • これからの店長の役割

  • 店舗における利益計算の仕組み

  • 損益分岐点の基本を知る

  • 売上目標設定のための分析技法

  • 店舗における利益計画の進め方

  • 店舗全体の利益計画

  • 変動費、固定費の改善による利益の改善

  • 売上高計画の立案

  • 荒利益高・率の計算

  • 仕入計画の立案

  • 経費の計算

  • 次期予算の確定

差異分析と対策の実施

学習内容
  • 予算実績差異分析の進め方

  • 対策の実施

内容詳細
  • 月次損益の予算実績差異分析

  • 売上高の予算実績差異分析

  • 荒利益と生産性の予算実績差異分析など

  • 売上高、荒利益率の改善

  • 商品生産性の向上

  • 人時生産性の向上と人件費削減

  • スペース生産性の向上

  • 月次損益計算書への挑戦

利益改善の視点と実践例

学習内容
  • 利益改善のための分析 方法と対策の方向性

  • 計数を活用した改善事例

内容詳細
  • 売上高改善のための計数と分析手法

  • 荒利益率改善のための計数と分析手法

  • 単品管理による売上高、荒利益率の向上

  • 人的生産性の向上と人件費削減の計数活用法など