通信教育コンセプト

お客様志向の真のリテイラーを目指そう!

公開経営が目指すのは、皆様一人ひとりがお客様志向の真のリテイラーになることです。お客様に喜ばれる店づくりが“店格”を上げ、繁盛店につながるのです。そのためには、何よりもお客様に誠実でなければなりません。約束を守り、責任を持たねばなりません。「購買代理」の自覚のもと、お客様の利便を第一に考えましょう。プロフェッショナルとしての商品知識の習得も必須です。皆様には、地域社会における生活者の“消費生活の豊かさ”を担う重要な役割があるのです。本講座が、皆様の自己実現の一助になることを願っています。日々の研鑽を期待しています。

「人によるサービスには限度がない」

「お客様の喜びを我が喜びに」

「販売員はお店の鋭敏な触角たれ」

(喜多村実 初代理事長の言葉より)

公開経営指導協会の成り立ち

戦後間もない昭和23年、“税金旋風”と呼ばれた仮更正決定の嵐と反税運動が社会問題化する中、税法の矛盾に科学的批判を加えるため、商業者同盟専務理事の喜多村実が中心となり、「ガラス張り経営」実験店舗1号店を開店して克明な帳簿を作成、この経営記録がシャウプ使節団に提出され、昭和25年の青色申告制度確立に寄与する。昭和27年、社団法人 公開経営指導協会として創立され、全国に“ガラス張り経営運動”を展開し、多くの先進的商業者の賛同・共鳴者を獲得していく。

ガラス張り経営運動とは、現在で言うディスクロジャー(経営の公開)と適正な納税運動であり、そのベースには、嘘偽りのない“誠実経営”の提唱があった。「青色申告制度」が確立された後は、商業者の直面するその時々の課題に取り組み、全国小売業経営者会議の開催や主婦の店(スーパーマーケット)の展開、ボランタリー・チェーンの協業化等の成果を残す。

創設当初の運動団体的性格から、その後はオープン・マネジメント(開かれた経営・社会性の追求・購買代理の実践)を基軸に、ひろく流通・小売り・サービス企業の「科学的・合理的経営」の指導・教育機関として活動を行い、現在に至る。

公開経営の通信教育

昭和30年代後半、日本経済の成長に伴い小売業界においてはチェーンストア型企業が急成長を遂げ、従事する社員数も飛躍的に増大した。これまでの集合研修方式の社員教育が困難となる状況を受け、小売企業に働く多くの人々に教育の機会を与える必要から、我が国初となる小売業向け通信教育研修を創意、昭和40年に文部省認定通信教育講座『小売業中堅幹部基礎講座』を開講する。以後、本会の通信教育は、「店づくりは人づくり」「人は教育によってつくられる」の思想をもとに、続々と小売業の実務に密着した講座を開発して、高い評価を得る。