2014年度 販売士検定1級合格対策セミナー

開催スケジュール

日程 時間 科目 担当講師
科目別講義&練習編 ①2014年11月26日(水) 10:00-17:00 小売業の類型 志摩宏彦
②2014年12月3日(水) 10:00-17:00 マーチャンダイジング 船越良人
③2014年12月10日(水) 10:00-17:00 ストアオペレーション 船越良人
④2015年1月14日(水) 10:00-17:00 マーケティング 志摩宏彦
⑤2015年 1月28日(水) 10:00-17:00 販売・経営管理 長沼フミ子
総合編 ⑥2015年 2月4日(水) 10:00-17:00 総合答案練習(全5科目) 橋本泉

パンフレット 

内容・進め方

科目別講義&練習編

  • ポイント解説  試験に出やすいポイントをおさえます。

  • 理解度テスト  章毎に練習問題でポイント確認します。

  • 記述問題    キーワードをおさえ、時間内に記述できるようにします。

  • 科目体系図   科目の全体像が一目で分かる体系図を作成、学習の指針とします。

  • チェックテスト 1日の学習内容を総復習します。(自宅学習用課題)

総合答案練習編(当日の時間配分は多少変更になる事もございます)

  • 10:00 ~ 11:10 小売業の類型

  • 11:10 ~ 12:20 マーチャンダイジング

  • 12:20 ~ 13:20 昼休

  • 13:20 ~ 14:30 ストアオペレーション

  • 14:30 ~ 15:40 マーケティング

  • 15:40 ~ 16:50 販売・経営管理

  • 16:50 ~ 17:00 まとめ

持ち物

  • 電卓

  • テキスト
    ※弊会通信教育講座「販売士検定講座1級コース」を使用します。
    ※他の教材をご利用の方は、講師解説のページ立てとは異なる点をご了承のうえ、教材をご持参下さい。

  •  

受講料(いずれも消費税込み、テキスト代を除く)

科目別講義&練習編

・科目別講義&練習編全受講(全5回)

  • 一般

    82,280円

  • 会員

    76,880円

  • 科目別受講

    18,510円

総合答案練習編

※全5科目 科目別受講不可

  • 受講料

    20,570円

両編全受講(全6回)

  • 一般

    97,440円

  • 会員

    92,040円

  • 会員は、当協会会員企業勤務者/通信教育受講者/第41回受験対策当セミナー参加者からのご紹介者/学生が対象となります。

  • テキスト購入希望の方は、お申込書「テキスト購入希望欄」に印を付け、受講料とあわせてお振込み下さい。

過去の的中問題

科目別講義&練習編では、チェックテスト・各章理解度テスト・記述問題という、タイプの異なるさまざまな問題を解きながら、販売士検定1級の広い範囲をフォロー。

受験対策の当セミナーでも、多数の問題が的中!

以下に、その一例をご紹介します。

的中! マーチャンダイジング

本試験問題
第6問
『季節指数を求める方法の1つである「月別平均法」に関する2つの問いについて、答案用紙にそれぞれ2行程度の文章で説明しなさい。(25点)』
当セミナー練習問題
練習問題
『月別平均法による季節指数の求め方について簡潔に説明しなさい。』
 

的中! マーチャンダイジング

本試験問題
第7問
『ストアコンパリソンを実施し、自店の品ぞろえの改善をはかるための一手法としてPFグラフ(チャート)分析がある。PFグラフ(チャート)の作成と分析の手順について、その順に答案用紙に記入しなさい。』
当セミナー練習問題
練習問題
『PFグラフ(チャート)について、以下の問いに答えなさい。
(1)PFグラフ(チャート)とはどのようなものか、簡潔に説明しなさい。
(2)PFグラフ(チャート)の作成手順を示した下図の空欄ア〜ウに適切な語句(文章)を記入しなさい。』
 

的中! 販売・経営管理

本試験問題
第7問
『人事考課の際に、評価者が陥りやすい下記①〜⑤の心理的誤差傾向の種類について、その意味を答案用紙にそれぞれ簡潔に記入しなさい。』
当セミナー練習問題
練習問題
『人事考課を行う際には心理的誤差傾向に気をつけなければならない。この心理的誤差傾向の名称を3つ挙げ、簡潔に説明しなさい。』
 

合格体験記

  • 岩崎一彦さん
    販売士1級の学習範囲は非常に広範囲にわたり。またテキストを前から順番に読めば理解できるとは必ずしも限らないため、学習時間に限りがある中、ポイントをついた、効率の良い学習ができた。
  • 大手メーカー Fさん
    通信教育と併用してセミナーに参加しました。テキストを3回読み、セミナーで配布される問題を繰り返し解くことが合格の秘訣です。
  •  
  • 大手アパレル専門店 Mさん
    重要ポイントを教えて頂けた。セミナー配布資料は的中率が高いので、反復して書き出して復習することが合格の秘訣です。
  • Fさん
    毎回配布されるプリントは内容を整理するのに役立ちました。販売士のテキストで表現が解りづらいところを講師の説明で解決できるので理解が深まりました。
  • 日本政策金融公庫 筒井秀一さん
    当初はハンドブックを3回読みました。市販の問題集なども繰り返しましたが、結局、本セミナーの参加で勉強したことが本番の試験には役立ちました。
  • 斉藤佳子さん 
    1級の問題集は
    書店では売っていないので、セミナーでいただいた理解度テストや記述式の問題集を繰り返し、何回も書いて覚えることにしました。
  • 西岡則雄さん 
    セミナーに参加して出題ポイントを押さえることが出来ましたので重点的学習が出来ました。的中率も高く、1級に合格できたのもそのお陰と感謝しています。
  • 内村敬子さん 
    各科目のセミナー時に配布のペーパーテスト、総合セミナー時の模擬テストの的中率の高さに定評があると聞いていましたが、本当にその通りです。
  • 大手スーパーマーケット Nさん
    セミナーの問題を全て解答できるようにする。その為にセミナーの問題に関連するテキスト該当箇所を確認して理解を深める。
  • 株式会社ミキハウス 石井里永子さん
    解答練習の的中率が高い!セミナーの問題と通信添削を繰り返し解き、問題と解答とその関係する箇所を付随して覚えました。 
  • 寺本美穂さん
    チェックテストを確認し、再度ノートに書き写し、記述問題の対策を行った。何度も書き写すうちに自然と内容も覚えることができた。
  • コーナン商事株式会社 橋田和憲さん
    「対策資料のレベルが高い。」通信講座や独学では拾いきれない言葉、単語、問題を得点に反映しました。 
  • 東京パートナーズ社労士事務所 藤咲徳朗さん
    先生が分かりやすく、また試験のヤマを教えてくれました。徹底的に復習することです。
  • 村松寿美江さん
    セミナーでいただいた問題は理解して暗記できる程度に復習することです。
  • 豊田まちづくり株式会社 鬼頭 成江さん
    テキストを軽く読み、セミナーで配布された体系図をノートに貼って補足メモをつけていった。仕事の関係で勉強時間を確保するのが困難であったが、セミナー配布の記述問題を何度も繰り返し書いて勉強した。働いている人も大丈夫です。セミナーが強い味方です。
  • 大手化粧品メーカー 澤野 秀さん
    セミナーの講義では、わかりやすいテキストの解説で、重要なポイントに絞り込み、効率よく知識が身につきました。苦手分野は80%程度の理解度までにしておき、得意部分は100%理解に努める。
    セミナーで実施した内容はすぐに復習し、徹底的に覚える。総合答案練習問題は繰り返し解き、すべて答えられるようにしておくと合格できます。
  • Kさん
    セミナーで配布される資料を覚え、関連するところをテキストで学習することで合格する力がつくと思います。