実践事例をもとに売場の数字を理解する決定版!

売場の数字実務コース

  • 受講期間

    4ヶ月

  • 特別受講料

    16,844円(消費税含む)

本講座のねらい

売場での数値を、業務の流れの中から理解できるよう構成されております。日常業務に必要な数値管理能力を、基礎を踏まえて事例研究などを中心に学びます。また、売場や店舗をどうやって利益が出る構造にしていくかなど、管理者として計数管理の観点からも学ぶことができます。

教材

教材
  • テキスト

    2冊

  • 課題

    4課題

  • 受講マニュアル

    1冊

本講座の特色

ポイントごとの解説が付いていますので、理解度アップに最適です。

日常業務の中でもすぐに活用できるように、実践事例が豊富に収録されています。

用語解説も充実しており、確認も効率的に進められます。

カリキュラム

販売の数字

学習内容
  • 経営における数字の役割

  • 経営計算の考え方

  • 売上原価と売上総利益高

  • 値入率と利掛率の考え方

  • 販売効率の見方

内容詳細
  • 数学は経営計算の前提

  • 販売のしくみ

  • 売価と原価

  • 売上原価とその求め方

  • 売価還元法による原価棚卸高の出し方

  • 客数

  • 客単価と売上個数

  • 売上増加高(減少高)の検討

  • 効率の考え方

  • 販売員1人当たりいくら売ったか(労働効率)

  • 月給万円に人はいくら売ったらよいか

  • 売場効率について

  • 商品効率のはなし

  • 交叉比率のこと

販売計画のすすめ方

学習内容
  • 予測と計画

  • 売上予測による年間売上計画の立て方

  • 季節変動指数による月別販売計画の立て方

  • 販売管理の仕方

  • 日割予算の組み方と管理

内容詳細
  • 計画立案のための予測技法

  • 時系列分析による売上予測

  • 「目安法」による予測

  • 損益分岐点分析による販売目標の設定

  • 季節指数

  • 月別平均法による求め方

  • 流動統制システム

  • 予算管理システムの運営手順

  • 月次販売目標の求め方

  • 日割予算による進行管理 

  • 部門別日割予算実績管理表

仕入計画

学習内容
  • 仕入計画の立て方

  • 在庫計画と商品回転率の考え方

  • 品揃え計画の立て方

  • 取扱商品の検討-売上寄与率による検討、 ABC分析による検討、他

  • 在庫管理グラフの作り方

内容詳細
  • ロス高

  • 月別在庫高

  • 月別仕入高

  • 売価の決め方

  • プライスゾーン

  • 単品管理(ユニット・コントロール)

  • 売上寄与率

  • ABC分析 他

部門別管理

学習内容
  • 部門別管理の意義と役割

  • 部門分類の考え方

  • 荒利益高の算出とロス計算

  • 商品ミックスと相乗比計算

  • 部門別損益の計算

  • 部門別効率の見方と対策

内容詳細
  • 利益とロス管理

  • 適正在庫

  • 部門別経費配分の仕方

  • 部門別利益の算出 他