“色を学ぶ”とは、心理を知り、人を動かす力を持つことにつながります  文部科学省後援 色彩検定対応

色彩検定講座 UC級コース

  • 受講期間

    2ヶ月

  • 特別受講料

    17,600円(消費税含む)

本講座のねらい

従来から「感性」だけによるものと見られがちであった「色に関する知識や技能」を、本講座で理論的、系統的に学ぶことにより、「理論に裏付けられた色彩の実践的活用能力」を身につけ、「色」に関連する試験で絶大な人気を誇る色彩検定合格を目指します。

教材

教材
  • テキスト(AFT)

    1冊

  • 過去問題集(AFT)

    1冊

  • 課題

    1冊(2課題)

  • 解答カード

    2枚

  • 受講マニュアル

    1冊

本講座の特色

◆試験を主催するAFT公式のテキストを使用しています。
◆テキストは図表や写真を豊富に盛り込み、分かりやすく解説しています。
◆課題は本試験と同じマークシート方式です。

カリキュラム

 

学習内容
  • 第1章 色のユニバーサルデザインの考え方

  •  

    1-1. 対象物や状況をわかりやすく伝える色の役割

  •  

    1-2. 色を使ってもわかりやすくならないこともある

  •  

    1-3. 色によるわかりやすい設計を行うために

  •  

    コラム 他人の色の見え方はわからない/色のわかりやすさと美しさの両立

  • 第2章 色が見えるしくみ

  •  

    2-1. 色と光の関係

  •  

    2-2. 色を見るしくみ

  •  

    2-3. 色が見えるまでの流れ

  • 第3章 色の表し方

  •  

    3-1. 色相・明度・彩度

  •  

    3-2. 色相とトーン

  • 第4章 色覚異常による色の見え方

  •  

    4-1. 色覚の多様性

  •  

    4-2. 色覚異常とは

  •  

    4-3. 色覚異常のタイプ

  •  

    4-4. 色覚異常の見え

  •  

    4-5. タイプ別の混同しやすい色(混同色線)

  •  

    4-6. 色覚検査法

  •  

    4-7. 色覚異常と遺伝

  •  

    コラム 色覚異常の最初の研究者

 

学習内容
  • 第5章 高齢者の見え方

  •  

    5-1. 加齢による見え方の変化

  •  

    5-2. 高齢者の見え方の特徴

  •  

    5-3. 加齢にともなう眼疾患者の色の見え

  •  

    5-4. 高齢者がわかりにくい事例

  •  

    5-5. 高齢者やロービジョンへの配慮

  • 第6章 ユニバーサルデザイン

  •  

    6-1. ユニバーサルデザインとは何か?

  •  

    6-2. 日本におけるユニバーサルデザインの歴史

  •  

    6-3. ユニバーサルデザイン7つの原則

  •  

    6-4. 視覚情報に関わるユニバーサルデザイン

  •  

    コラム 視覚情報のユニバーサルデザインに関する規格

  • 第7章 色のユニバーサルデザインの進め方

  •  

    7-1. 色のユニバーサルデザインの特徴

  •  

    7-2. 色の機能的役割とその配慮

  •  

    7-3. 色のユニバーサルデザインの手順

  •  

    7-4. 設計と修正のポイント

  •  

    7-5. チェックの方法